作り方2

犬服の作り方を学ぶなら犬服ナビの「犬服手作り教室DVD」

手作り犬服をかわいい愛犬に着せよう!

犬服の作り方を学ぶのに、もっとも簡単な方法がわかります!
犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  作り方2

簡単な犬服の作り方

簡単な犬の服の作り方があります。しかし、これから犬服作りをはじめようという初心者の多くは、そのことを知りません。

犬服は、愛犬のサイズを測定し、それを型紙に落とします。型紙にあわせて生地をカットし、縫い合わせて完成させるのですが、それぞれの手順で失敗しないためのテクニックを知っておくだけで、誰でも簡単に犬服は作ることができるのです。


【簡単に作るコツ】愛犬のサイズの測定

愛犬のサイズを測る場所は、首周り、着丈など色々ありますが、しっかりとメジャーで測り、トイプードルなどのように、毛がフワフワしている犬種では少し余裕を持って測ってあげましょう。後で修正することができるので、少し大きめでもOKです。


【簡単に作るコツ】型紙の作り方

愛犬用の型紙を作るのに簡単な方法は、犬種用の型紙か小型犬・中型犬・大型犬用などの適当な型紙などを修正して、愛犬用の型紙を作ることです。


【簡単に作るコツ】型紙を生地に写す

生地に型紙を写すために、チャコペンを使います。しかし、ここでは愛犬に作りたい犬服の生地ではなく、サンプルを作るつもりで安い生地を用意しておくとよいでしょう。このサンプル縫いした犬服を着せてみることで、サイズを調整し型紙を修正するのです。


【簡単に作るコツ】縫い合わせる

サンプル縫いの工程を経て、本番用の生地に型紙を写します。その後、縫い合わせる段階では、焦らずにゆっくり縫うことです。「えいや!」と塗ってしまう人もいますが、初心者ほどゆっくりと慎重に縫うといいでしょう。


失敗しても愛犬にピッタリな型紙が出来ているので、「また作ればいい!」と軽い気持ちで、どんどん作りましょう!3着作る頃にはコツをつかむことができるので、色々な生地で楽しんでみましょう!

下のバナーをクリックすると、犬服デザイナーの犬服の作り方がわかりますよ!


【新作】犬服手作り教室DVD vol.2はコチラ


素材

犬服の素材にこだわる人は、かなりのこだわりを見せているようですね。自然素材にこだわっている人は、オーガニックコットンで作る事もありますし、かっこいい生地にしたいときはデニム、夏に蒸れやすい皮膚の弱い子にはメッシュ素材など、そのこだわりは愛犬を想うがゆえにたくさんの素材を犬服に使われるようになって来ました。

犬服の既製品などはほとんどが綿素材です。しかし、手づくりで作る場合にはサイズがぴったりという条件だけではなく、その素材にもこだわりたいのが親心のようです。

オーガニックコットンは高めですが、普通の綿素材なら伸び縮みするものもあり、運動能力にたけている犬に、活動に支障がないという特徴があります。

今では人と同じように、犬服のファッション誌が季節ごとに出て、その時々のトレンドを特集し、犬ごとに犬服にいい素材を紹介してくれます。ぜひ自分の愛犬に欲しい犬服の素材や機能をチェックしてみてください。

一般的にオススメの素材は、伸縮性のある素材です。お散歩などに着せていくにも、家の中で着せるにも、ワンちゃんにとって着心地の良いストレスのない素材だと思います。

子供と一緒ですが、手足を動かす時に自由が利く方が楽だと思うのです。さらにTシャツなど水を含んでくれる素材もお勧めです。夏には水を含ませてから着せて、熱中症を防ぐ使い方をする飼い主さんもいます。この場合はタオル生地のものがいいかもしれません。

逆に不向きなのはサテンなどの生地です。伸縮性がなく、ギュッとしめてしまう素材は犬にとっても不快です。なるべくなら、犬も喜ぶ素材を着せてあげるのも愛情でしょう。

生地自体はたくさんかわいいものがありますので、それを選ぶだけでも楽しいです。

採寸方法

犬服を手作りする、または犬服をリメイクする、はたまた犬服をフルオーダーで頼む場合には採寸をして、愛犬にぴったりの犬服を作ってあげましょう。その為の採寸方法をご説明します。

基本的に、採寸方法は人と同じでメジャーでします。犬服の採寸方法は大きく5つあります。首周り・首の付け根から尻尾の付け根まで・胸囲(胴囲)・胸幅・着丈です。

測定するときは、メジャーは犬にやさしく包む感じで計り、毛が多い犬種については少しふんわりと計ってあげてください。採寸方法の注意点は、首は毛を無視して計る感じで。胸は毛を込みで計測していきましょう。そして採寸するときには、できる限り犬にまっすぐ立った状態で計るのがベストです。

まずは、首まわりと胸囲と着丈と胸幅の順番で、採寸方法をご説明します。

首周りは首の付け根に近い当たりの首輪をつける位置です。犬服を着せるときに頭を通す必要がありますが、しっかりと測定するといいでしょう。その下鎖骨のラインを沿うようにして計る場所は、えりぐりとよばれる箇所です。首周りとえりぐりを図ることで、より首を絞めつけずの服を作ることができます。ここが大きすぎて、鎖骨を超すサイズになると脱げやすくなってしまいます。

胸周りは前足の付け根から脇のすぐそばの肘があたる辺りです。一番胴の中でもふっくらとしている場所です。胸幅は足と足の間の寸法になります。

これらのサイズをきちんと計る事で、ピッタリの服を着せることができます。ここで採寸した内容にミスがあったとしても、型紙の修正で手直しすることができます。


【新作】犬服手作り教室DVD vol.2はコチラ



犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  作り方2


【誕生】犬服DVDの最新作はコチラ



通販対応エリア

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄