犬服の種類1

犬服の作り方を学ぶなら犬服ナビの「犬服手作り教室DVD」

手作り犬服をかわいい愛犬に着せよう!

犬服の作り方を学ぶのに、もっとも簡単な方法がわかります!
犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  犬服の種類1

Tシャツ

犬服で一番着せているのを見るのがTシャツです。犬服の中でも定番中の定番で、販売されている数も最も多いのではないでしょうか。

価格的にもお求めしやすくなっているのも、あるかもしれません。今ではオリジナリティをもっと出しやすいように、手作り犬服Tシャツキットなんかもかなりの数が出ているんです。

犬の顔をプリントした犬服を着る犬・・・。そんな不思議なタッチも、簡単に作ることができます。また犬の名前をプリントしたり、オリジナルのマークを犬服のTシャツにプリントしたりすることもできるのです。

そして、犬服の中で最も簡単に手作りできるのが、タンクトップについでこのTシャツなのです。特に大型犬の人はサイズがないのが一番の悩みですから、Tシャツなどサイズが合いやすい犬服を作ってあげれば犬もきっと喜んでくれるはずです。

大型犬は分厚い服だと着づらいのもあるので、Tシャツなどが一番着ていて違和感がないでしょう。慣れていない子は喜んで着てくれるまでは時間はかかりますが、一番慣れるのが早いといえます。

また、Tシャツは一度パターンを揃えれば、布の柄を変えるだけで何枚もいっぺんに作ることができます。素材もそれほどかからず作ることができるので、個性を発揮するにもいいですね。

どうしても散歩中に汚れやすい犬は、何枚も持っている方がいいですよね。扱う素材はもちろん綿ですが、今は伸びがいい綿素材もあって、かわいい柄もたくさん出ています。お散歩に着せていく人は、毎回お洗濯することになると思いますので、選択しても伸び縮みしない素材を使って作ると良いでしょう。

犬種によっても異なりますが、特に人気なのがラグラン袖のTシャツです。動きやすく、機能的な事と、デザインも付けやすいのもいいですね。ぜひ愛犬に合った柄を探して、キュートなTシャツを作ってあげてください。


【新作】犬服手作り教室DVD vol.2はコチラ


パーカー

以前だったら犬がパーカーを着るなんて考えもしませんでしたが、今や犬服の中でパーカーは定番アイテムになりました。頭にフードを被せたら、イヤイヤってくるくる回る姿も何とも愛らしいですね。

犬服のパーカーにはバックプリントが可愛いものや、ニットになっているものなどいろいろありますが、既製品を買うとなるとお値段はピンキリです。

パーカーにも色々な素材がありますが、やはりストレッチ素材などが人気のようです。中にはデニム生地やサテンのものもあるようですが、機能性を考えると綿素材ですよね。ジャージ系もとても動きやすいのではないでしょうか。形もポケットが付いているものや、アップリケが付いているもの、ユニフォーム物などとても多彩です。

犬服なので前ボタンでも、筒状のものでも一枚あると便利ですよ。手作りするのにも、犬服のTシャツのパターンにフードをつけるくらいなので、Tシャツにチャレンジした人は犬服のパーカーも楽に作ることができるでしょう。

それこそ、飼い主とお揃いのパーカーを自分でアレンジして作ることも可能です。犬用パーカーは、散歩には機能的にも見た目的にも、最適な服となってくれること間違いなしです。

手づくりするのにも、中級者レベルの難易度なので、Tシャツなどが作れる方には、次に挑戦したいアイテムではないでしょうか。


【新作】犬服手作り教室DVD vol.2はコチラ


浴衣

最近では犬用の浴衣も登場していて、とてもかわいいです。なんと、人間と同じように浴衣素材で帯までついています。女の子は浴衣ですが、男の子には甚平もあります。人間の浴衣もピンキリですが、犬服の浴衣もかなりいいお値段がします…。

犬服の浴衣を実際に着ている犬たちは、ほとんど抱っこされている事が多いです。やっぱり犬服がはだけてしまったり、脱げてしまったりするからでしょうか。

しかし、浴衣は意外に涼しいので、暑い夏を乗り切るのに便利だし、夏場は虫除けに大活躍しそうですね。風通しのいい生地に、柄も見ているだけで涼しくなりそうな浴衣を手づくりする人が増えているようです。

犬服のショップで、浴衣を購入している飼い主さんも多いと思いますが、最近ではオーダーメイドなど手づくりの浴衣(犬服)がたくさん出ています。また、型紙が一緒に入った犬服手作り本やキットなどもたくさんでています。自分の着なくなった浴衣を、犬服用にリメイクしている人もいるようです。

虫食われちゃって着れなくなっちゃったけど、うちの犬にも浴衣を着せてあげたいという人にはおすすめです。手づくりするのは、難しいけれどできてしまうかもしれませんが、今度の夏までに手づくりしてあげてはいかがでしょう。

ただし、浴衣(犬服)を手づくりするときには、かなり薄手の生地の浴衣でないと、縫うのに一苦労してしまうので、注意した方がいいようです。一緒に犬用の小さいうちわや、かんざしに見立てた飾りをつけると、更に雰囲気を楽しめます。ぜひ、愛犬と浴衣で夏祭りを満喫してみてください。


【新作】犬服手作り教室DVD vol.2はコチラ



犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  犬服の種類1


【誕生】犬服DVDの最新作はコチラ



通販対応エリア

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄