犬服のS・M・Lサイズ

犬服の作り方を学ぶなら犬服ナビの「犬服手作り教室DVD」

手作り犬服をかわいい愛犬に着せよう!

犬服の作り方を学ぶのに、もっとも簡単な方法がわかります!
犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  サイズ  -> 犬服のS・M・Lサイズ

犬服のS・M・Lサイズ

犬服を買うとき、または作る時には、愛犬のサイズを知っておくのはとても大切です。犬服のサイズも人と同じで多くのショップでは、S・M・Lでサイズ表示しています。犬服のS・M・Lサイズを決めるのは犬の種類ではなく、首周りや胴周りと着丈などで決めます。

犬服のSは首周り18~20、ウエスト28~33、着丈は17~25を指します。犬種で言うなら、トイプードル・チワワやポメラニアンなどの小型犬がSサイズに当たります。

Mサイズは首周り20~25、ウエスト33~40、着丈25~30で、犬種はコーギーやシーズーなどがMサイズを指します。

Lサイズには首周り25~32、ウエスト40~45、着丈30~40、犬種だとミニチュアシュナウザー、ホワイトテイアがLサイズに値します。
また他にも袖丈を短くしているDSやDM、DLにDXLなど、ダックス系のサイズも用意されているショップもあります。(DはダックスのDです)

犬服専門のショップでは身丈など、細かく表示されているので参考にしてください。参考にしておくことで、ネットショップで犬服を買い物する時に、サイズどうしようかと悩むことがなくなります。

犬服を手作りするのにも、型紙を選ぶ時はSMLとサイズを見ると分かります。よりぴったりの服を買う時や手作りするときには、より細かいサイズ測定が必要です。型紙の場合は、胴周りや身丈や首回りを調節してあげればよりサイズの合った服を作ってあげることができます。

自分の愛犬のサイズをS・M・Lで覚えておけば、いつでも愛犬の犬服も買い物もできますね。また手作りするときも大体のサイズが分かった方が、より作りやすいと言えるでしょう。


犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  サイズ  -> 犬服のS・M・Lサイズ


【誕生】犬服DVDの最新作はコチラ



通販対応エリア

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄