型紙

犬服の作り方を学ぶなら犬服ナビの「犬服手作り教室DVD」

手作り犬服をかわいい愛犬に着せよう!

犬服の作り方を学ぶのに、もっとも簡単な方法がわかります!
犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  型紙

型紙

犬服の型紙(パターン)は人間の型紙と似ています。前身頃があったり、後ろ身頃があったり、そで口があったりします。また、犬種によって犬服の型紙が違ってきます。なので、きちんとサイズを測定した上で型紙を作成しましょう。

今では犬服の型紙もインターネットや手芸店で簡単に手に入れることができますが、犬の大きさによって型紙も違うので注意が必要です。また、型紙を購入した時に多少の調整が必要になります。調整する場合には、首回り、胴周り、着丈を適材適所を調整していく必要があります。


型紙は愛犬にあわせて調整する必要があります!

当たり前のことですが、小型犬の型紙を大型犬に調整するのは難しいことです。ぴったりの型紙を作り、犬服を作ろうと思うと、それなりの技術(テクニック)が必要になりますが、ノウハウさえわかってしまえば、誰にでも簡単にサイズの調整をすることができるのです。


自分の犬用の服を作る時に、型紙が見つからない場合には近いサイズを購入し、型紙を調節してから犬服を作ります。難しい犬服の型紙でも首周り、胴周り、着丈だけ調整して、自分の愛犬に合ったものを作ることができるでしょう。

犬服を何着か作っていくうちに調節ができるようになってきますが、最初は犬とにらめっこして何度も借り縫いが必要かもしれません。それでも自信がない人は、型紙を販売しているところで自分の愛犬に合った型紙を作ってもらうといいでしょう。


型紙はオーダーすることもできますが・・・

型紙を作ってもらうのには、多少お金がかかります。しかし、犬服のサイズの測り方に慣れていない初心者の方が、犬服のサイズを測ってオーダーすると、完成した犬服が「微妙にサイズがあわない」ということがあります。また、愛犬用の型紙(パターン)だけをオーダーすると、オーダーメイドの犬服よりも高くつくこともります。

そこで、オススメなのは無料の型紙を修正して、愛犬の型紙を自分で作る方法です。
型紙の修正方法や、犬服の作り方をマスターするためのDVDには、特典としてサイズ別に計15パターンの犬服型紙が付いています。このボタンをクリックして詳細をご確認下さい。


【新作】犬服手作り教室DVD vol.2はコチラ


型紙 作り方

まずは、愛犬のサイズを測りましょう!

愛犬のための「型紙の作り方」をご紹介します。まず、犬服を作るためには、愛犬のサイズを測る必要があります。初心者の方が、まずはじめに犬服の型紙をつくる場合に測定しておくポイントは3つあります。「首周り・着丈・胸周り」です。


首周りに関しては首周りの最短距離を測るのではありません。例えばダックスフンドなどで、胸の骨が出ている犬種の場合は、実際に犬を立たせた状態で測定し、首の根元の部分で少しゆとりを持って計測するとよいでしょう。他の犬も首の根元の部分で測ります。



愛犬のサイズを測るポイント!

着丈の長さを測る場合は、首の付け根から測ります。どこまで測るかは犬服のデザインによって異なります。尻尾の付け根まで測る場合や、背中の途中まで測る場合があり、着せてあげたいデザインにあわせて着丈の長さを決めて、型紙を作っていきましょう。


胸周りの測定方法は、胸囲の一番長い部分を測りましょう。トイプードルのような毛のフワフワした犬種の場合は、きつめにしっかりと測ってしまうと、実際に犬服を着せた時にピチピチになってしまうので、少しゆるめにメジャーをあててあげましょう。



サイズを測った、その後は・・・


「首周り・着丈・胸周り」の長さを測ったら、それを型紙に落とし型紙を修正しましょう。ただし、この型紙の修正をしただけで、愛犬にピッタリの犬服ができるかどうかはわかりません。サンプル縫いをして、愛犬に試着させてみて、サイズを調整する必要があります。


サンプル縫いを試着させ、サイズがおかしければ、その部分を型紙にあらためて反映させて、愛犬にピッタリの型紙を作るのです。このサンプル縫いからの型紙の修正をしなければ、ピッタリの型紙は作れませんので、手間を惜しまずに作ってみてください。



【新作】犬服手作り教室DVD vol.2はコチラ


型紙 無料

犬服手作り教室DVDの動画【無料】


『犬服の型紙(無料)』をお探しですか?

『犬服愛好家』の間では、無料の型紙を使って犬服を作る人が増えています。しかし、無料の型紙をダウンロードしても、ピッタリの犬服が作れないと悔しい思いをする人も多いようです。

無料の型紙でも犬服の本の付録になっている無料型紙でも、型紙を愛犬サイズに修正しないといけないのですが、その方法がわからずに結局はブカブカ(ピチピチ)の犬服を着せないといけなくなるのです。


無料の型紙を修正する方法をご存知ですか?

無料の型紙の修正方法がわからないという人が多い反面、『買ってきた既製品のような手作り犬服』を作れるようになる人が増えています。その多くの人たちは、いったいどうやって、型紙の修正方法をマスターしているのでしょうか?

無料の型紙でも、本の付録の無料型紙でも、愛犬のサイズにピッタリに作り直すことが出来る方法があります。この『犬服の型紙修正法』は、プロの犬服デザイナーによって一般の方にも公開されていて、多くの手作り犬服の愛好家達が学んでいる型紙の修正方法なのです。


プロが教える型紙の修正法とは?

愛犬にピッタリな型紙さえ作れれば、同じデザインでも色々な色や柄の生地を使って、たくさんのバリエーションの犬服が作ることが出来ますね!

犬服デザイナーとして有名なRURI’S DOGという犬服専門ショップには、大島ゆみこさんというプロデザイナーさんがいます。この犬服ショップは、全国から高速道路に乗って犬服を購入しに来るファンがたくさんいる犬服専門店なのです。

この犬服デザイナーの大島さんが、犬服手作りファンのために型紙の修正方法を公開してくれています。貴方もこの型紙の修正方法を知れば、愛犬にピッタリな犬服が作れるのではないでしょうか?


無料の型紙を手に入れる前に、下記の情報もチェックしておいてくださいね!


※下記のリンク先で型紙修正法についても紹介されています。


【新作】犬服手作り教室DVD vol.2はコチラ



犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  型紙


【誕生】犬服DVDの最新作はコチラ



通販対応エリア

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄