犬服を着せる理由

犬服の作り方を学ぶなら犬服ナビの「犬服手作り教室DVD」

手作り犬服をかわいい愛犬に着せよう!

犬服の作り方を学ぶのに、もっとも簡単な方法がわかります!
犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  犬服を着せる理由

犬に服を着せること

飼い犬に服を着せるということは、まだ世間では賛否両論です。犬を飼っていても、飼っていなくても人の考え方の違いです。

犬に服を着せるなんて、「そんな人間のエゴだ」という人も多くいるのと、そんな事を言っていながら、実際に飼ってみて犬に服を着せるとあまりにもかわいくて・・・、なんて声もあります。

それはあくまでも犬に対する人間の評価の問題だと思いますが、実際に犬に服を着せるという事に意味がある場合もあります。ダックスのような足が短い犬に服を着せる理由は、散歩に行くとお腹が真っ黒になってしまったりするので防ぐという意味だったり、機能的な面で犬服を着せている飼い主さんも多いのです。

他には、毛が抜ける時期に犬に服を着せると、家じゅうが犬の毛になりそうになるので予防の意味がある場合もあります。

さらに人間と同じ生活をしていくうちに冬に強くない犬になってしまって、散歩の寒さしのぎの場合もあります。寒さに弱い毛の短い犬などには、特にこれが当てはまります。フリース生地やボア生地を好んで犬が着るのは寒いからなんです。

また、皮膚が弱い犬などには紫外線対策で犬に服を着せる人もいるでしょう。かわいいだけでなく服を着せるのに理由があるのです。

でも一番は、かわいい服を着ているわが子を見るのが幸せだ・・・、という理由からくるのかもしれません。これは人間のエゴかもしれませんね。でも、それを愛情と捉えてもらいたいです。いきすぎたものにならなければ、いいのではないでしょうか。

犬に服を着せると嫌がる

よく犬に服を着せると嫌がるという話をよく耳にします。確かに犬自身はもともと服を着る習性を持っているわけではないので、犬によっては服を着せると嫌がる子もいるようです。はじめは着ていると思いきや、ずるずると落ちてきていつの間にか床に落ちている・・そんな事ありませんか。そんな事から愛犬に服を着せることをあきらめていませんか?

しかし、ちゃんと自分のサイズにピッタリなものを着せると意外に嫌がらないんですよ。足にまとわりついて、ずるずる落ちてきてしまう服、窮屈でしんどい服などを選んでいると、犬に服を着せると嫌がるんだそうです。犬もちゃんと、自分が活動しやすいという判断をしているんです。

嫌がっている犬は服を嫌がっているのではなく、違和感があることを嫌がっているんです。またふわふわの毛だから寒くないだろう、と思っていたら、実は寒がりの犬で服を着せたら散歩に行っても平気だった、なんていう事もあります。

なので、犬に服を着せると嫌がるから、なんていって何も着せないのはもったいないです。かわいい服を着せたいと思うなら、サイズを合わせてあげることですね。

もちろん子供の時や、大きくなってからも24時間ずっと着せることは、犬にとって負担が大きいです。それなら、散歩の時やちょっと寒い日、おしゃれをしたい日などにはぴったりのサイズのかわいい服を着せてあげると、活動的な犬も嫌がることなく服を着てくれることでしょう。

抜け毛対策

犬の換毛期には、抜け毛で家の中やお庭が大変な事になります。家の床に抜け毛が落ちるだけでなく、服にも付いてくるし、毛が軽い犬などは空中を毛が舞ってしまう事もあると思います。

そうなってくると、掃除気をかけても空気清浄機をかけても、抜け毛と戦う日々が大変です。だから、最近では、抜け毛対策として普段は犬に洋服を着せておき、こまめにブラッシングするなどの、抜け毛対策に犬服が使われるようになってきたのでしょう。

犬服に抜け毛が付着してくれれば、犬服をそのまま脱がせば舞う事もありません。他のお宅へ遊びに連れて行く時は、犬服を着せてあげる方が喜ばれますよね。

分かっていても犬の抜け毛がひどくなれば、落ちていく毛に良い気持ちはしません。それが理解のあるペット可のカフェなんかでもそうだと思います。意外に犬は生え換わり時期以外でも、年間を通してかなりの抜け毛があると思うので、気をつけてあげましょう。

あまり抜け毛のない犬もいるかと思いますが、換毛期の犬は犬服を着せてあげるようにしてあげた方がいいかもしれません。

また、抜け毛だけでなくわりと下のそそうの多い犬や生理中の犬にも、犬服を着せてあげた方がマナーになるでしょう。冬になってお腹が弱くなる、体の弱い子には特にです。そういう犬用に犬服を作ってあげるのも、愛情かもしれないですね。かわいい服というよりは機能性を手作りなどで、よくしてあげて着せてあげたいです。

そういう事を知ると、犬に服を着せてあげている飼い主さんの方が素敵に見えてくるものです。


【新作】犬服手作り教室DVD vol.2はコチラ


夏のお散歩には服を着せよう

犬の夏のお散歩には服を着せよう、とよく言われます。夏だから犬も暑くならないの?と質問が多いですが、実は理由があるんです。

ショップの人などは夏熱い散歩で熱中症にならないように、特に小型犬などの場合はTシャツを水で濡らして着せてあげるとバテにくくていいよ、と言われることがあるそうです。夏はアスファルトの距離が近くて暑さをしのぐために服を着せるなど、「犬の夏のお散歩には服を着せよう」と言うのにはそういう理由もあるのです。

特にダックスのようなお腹が地面に近い犬は、アスファルトの照り返しでやけどをしないようにしなければなりません。そして、犬の夏のお散歩には服を着せようというもう一つの理由に、紫外線対策という事もあります。

人間も紫外線対策をここ数年かなり念いりになってきました。特に紫外線が強くなってきたのもあり、皮膚ガンなどになる可能性が高くなってきたり、しみが増えたりすることからです。

人と同じように犬も紫外線にやられて、皮膚がやけどする子や重い病気になる子もいます。そういった対策も兼ねて犬の夏のお散歩には、服を着せようとする飼い主さんが増えてきているのです。

ワンちゃんの体調管理は飼い主さんの責任でもあります。きれいな服やTシャツじゃなくても、うすい布一枚からかぶせてあげるだけで、だいぶ暑さをしのぐことができると思うので、冬だけでなく犬の夏のお散歩には服を着せようとまず一枚わが子の服を作ってみてあげてください。


犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  犬服を着せる理由


【誕生】犬服DVDの最新作はコチラ



通販対応エリア

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄