購入

犬服の作り方を学ぶなら犬服ナビの「犬服手作り教室DVD」

手作り犬服をかわいい愛犬に着せよう!

犬服の作り方を学ぶのに、もっとも簡単な方法がわかります!
犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  購入

激安

手づくり犬服で一番激安なのは100円均一で売っている布を、手作りすることが一番安いと思います。100円で足りない場合は多少かかりますが、それでも数百円の仕上がりです。もっと凝った布を使えばもっとかかるかもしれませんが、一番激安なのは100円ショップでしょう。

既製品の犬服は、どんなに頑張っても1000円前後が一番激安かもしれません。そう思うと、犬服をかわいくしてあげたい、もっとたくさんの犬服の種類を持ちたいと思った時に激安で済ませる方法は、手作りが一番激安だと言えるでしょう。

さらにリメイクだと、本当にお金をかけずに犬服を着せてあげることができるのです。今まで着ていた服をリメイクすると材料費が0円で済みます。ある人は100円ショップで買った、かわいいTシャツをリメイクしている人もいました。

もし気に行った柄のものがあれば、それを利用したリメイクはかなりのおすすめです。しかも人の服を手作りしようと思うと子供でも一日かかってしまいますが、犬服だったら小型犬だと数時間でできてしまいます。激安で手軽でしかもかわいく犬服を着せてあげるなら、断然手作りをおすすめします。

もちろん、激安だけがいいというわけではありません。生地の素材が悪くて愛犬が着るのを嫌がる場合があります。その場合は無理に着せないようにしましょう。

また、生地屋で材料を仕入れ手づくりする場合は、1着の費用は200~300円にすることも可能です。最近では、手づくりした犬服を販売している方も増えてきているので、お小遣い稼ぎをしたい方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ペットショップ

ペットショップの犬服はかわいいものばかりですが、既製品でどうしても自分の愛犬に合う合わないが気になりますよね。そういった既製品はたいがい企画サイズでできているものばかりで、愛犬にあうサイズがないという方も多いようです。きっと、小型犬のものが多いからでしょうか。

さらにペットショップの店員さんによって、犬服を愛犬に着せるか着せないかの意見が分かれるのも不思議です。あるペットショップの店員さんは、犬の小さい頃には犬服なんて着せる必要なんてない、すぐに大きくなってしまうし、犬服を窮屈で嫌がる犬だって多い・・・などと反対意見で、あるペットショップの店員さんは寒い日には防寒用で、暑い日では夏バテ防止とちゃんと用途を分けて犬服を着させてあげて下さいとアドバイスされるようです。

ペットショップよりも、犬をしつけする教室や動物病院などの先生に聞くのが一番ですが、それはその犬によって違います、ということでした。我が子は親(飼い主さん)が一番守ってあげられるということですよね。

ペットショップではある程度主観でアドバイスされる方もいらっしゃるようなので、自分で犬がどんな様子かで犬服を決めてあげてください。もし、ペットショップで売っているものでなかなかサイズが合わない場合には、手作りしてあげるのも手です。その方が着てくれる可能性が高いようですよ。

ペットショップには、数多くの犬服がありますが、3回目のワクチンが終わっていない子犬に、ペットショップの犬服を着せるのは辞めて下さい。色々な犬と一緒に展示されていて、犬服からウイルス感染する可能性もあります。ワクチン接種が終わって、免疫が出来てから犬服を楽しむようにして下さい。

輸入

犬に関するグッズも、輸入物でかわいいものがたくさん入るようになりました。犬服も同様です。若者の人気ブランドなどが犬服を手がけるようになり、多くの犬服を輸入して販売している店が増えてきています。

例えばアメリカの西海岸で生まれたサーフブランド「op(ocean pacific)」もその一つで、人気ブランドだからこそできる人間用の服をそのまま犬服に取り入れている事で、お揃いはもちろんそのかわいさが飼い主の心を大きく動かし多くの人気を誇っています。

コパガオ(kopagao)なども人気があり、犬の特性を生かしたかつ、人と同じなのではないかと思うくらいのキュートさで輸入率高いです。他にも有名な外国ブランドと言えば、ラルフローレン(RalphLauren)なども可愛いデザインの犬服を輸入しています。

驚くことにあのコーチ(coach)も犬服を販売していて、日本でも数多く輸入販売されています。輸入しているからか、もともとなのか、その値段の高い事。そんな高いものをペットに、と思われる人がいるかもしれませんが、今ペット業界はブランドに限らずかなりの売上をあげているのです。なので、自分の愛犬に似合うものをブランドとして固める人も少なくありません。

値段を考えると国内で買うよりはと、輸入物を買うより外国に行って、自分のもの以外にコーチの犬服を買いに行っている人が絶対にいるはずです。それほど犬にブランドをかける人が多いということです。それは、決して悪いとは言わず、その家庭での犬に対する愛情のかけ方だということでしょう。

オーダーメイド

愛犬の犬服にオリジナリティを出したい人は、お店にオーダーメイドで作ってもらう人も多いようです。自分の好きな柄で自分の思うデザインで犬服を作ってもらえるので、今では多くのショップでもオーダーメードを受け付けている所も多いです。しかし犬服をオーダーメードすると、普通の既製品の犬服よりも値段がかかります。

頻繁に犬服にたくさんお金をかけてられないという人も多いのですが、やはり愛犬のためにオーダーメイドで何枚も作ってしまう人は増えているようです。ここ最近では自分の趣味で、犬服のショップを個人で出している人が増えてきました。

その中でオーダーメイドを作ってくれる個人ショップも多いです。プロに頼むオーダーメイドより安く、そして裁縫が得意な人に作ってもらうと、自分のセンスでかわいらしいものが完成してきます。ネットやオークションで販売している人も多いので、ぜひチェックしてみてください。

手作りが出来ない人は、少し凝ったドレスアップ系の犬服はそういったオーダーメイドで作ってもらうと、満足のいくものになるでしょう。また着ぐるみ系などあきらかに、既製品では見つからず、自分で作るのは難しい場合もオーダーメイドで作ってもらうといいでしょう。

一番多い注文は浴衣など着物系が多いとか。和ものは手作りするのに難しいのですが、わりとざっくり作ってもサイズを調節することができます。しかし、縫い方や作り方が和物は独特なので、オーダーメイドで一度作ってもらって参考にする方がよくできあがります。

また中型犬や大型犬など、なかなか既製品で見つけることができないものをオーダーメイドで作ってもらう人も多いです。防寒着や普段の服など、必要に応じて服を作ってあげられる飼い主の喜びです。

しかし、誰かにお願いして手づくりのオーダーメイドを依頼するのではなく、簡単なものからはじめていき、自分の愛犬にかける想いも込めた犬服を、あなた自身が手づくりしてあげて下さい。


犬服 ナビ - 手作り犬服の作り方トップへ ->  購入


【誕生】犬服DVDの最新作はコチラ



通販対応エリア

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄